スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

ウインディの日常2

ウインディの日常2

レート一線で戦ってる炎ポケモンのヒードラン

ウインディ達炎ポケモンはヒードラン先輩には頭が上がらないのである

ウ「ドラン先輩ぼろぼろですけど何かあったんですか?」

ヒ「ガブリアスとかいう同期にやられたんだよ><」

ウ「あぁガブ先輩っすか、ドラン先輩は地面4倍だからキツイですよね」

ヒ「まじガブの野郎がいるせいで動きづらいわ」

ウ「いやいや十分頑張ってるじゃないですか炎ポケモンの鏡ですよ」

ヒ「ウインディ・・・お前ガブ殺ってきて?」

ウ「・・・」

ヒ「できるよな?お前威嚇あるんだし、な?」

ウ「分かりました・・・;;」



数日後

威嚇!鬼火!朝の日差し!

HB振りになったウインディはガブリアスを全力で止めに行くのであった

ガブ「全然攻撃が通らねぇ」


ヒ「いい気味だぜ、ウインディよくやったな」

ウ「はい、ぼく頑張りました(ボロボロ)」

ヒ「ガブが一匹も残らなように今後の活躍に期待してるからな」


ある日
ウ「鬼火」

ガ「ラムのみじゃい!」地震

またある日

鉢巻ガブ「地震じゃい」



ウ「ドラン先輩あのサメ止まらないです><」

ヒ「役立たずめ、こうやるんだよ見てろ」

!風船装備!

ヒ「ニトチャ!めざ氷!どやぁ」

ウ(狩れるなら初めからやってくださいよ;;)


ポケモン社会も意外と縦社会
強いポケモンには逆らえない><

ウインディ「頑張ったのに><」
スポンサーサイト















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。